当サイトでは、トイレの水漏れ修理に関して、少しでも費用を抑えお得にするための方法を公開しています。
たとえば自分で修理できるものは自分で行えば費用はかかりません。
しかし、そのノウハウがないとできませんので、DIYで可能な方法について解説しています。
ネットで調べると、様々な修理方法を見つけることができますが、基本的な知識がないままに行うと、かえって問題を大きくしてしまうこともありますので、基本的な知識についても触れています。

修理費用を節約したい!トイレの水漏れ修理をお得にするための方法を解説!

修理費用を節約したい!トイレの水漏れ修理をお得にするための方法を解説! トイレの水漏れと言っても、タンクの中でポタポタと滴が落ちるような音がしている場合もあれば、便器に水を流したときに、いつまでも水が止まってくれない場合もあります。
さらに便器の周りに水たまりができていたり、給水管のつなぎ目から水漏れが発生している場合もあります。
トイレのどの箇所からどのように水が漏れているのかによって、修理の方法も変わってきます。
自分で修理をすればかなりお得になるのは間違いないのですが、そのためにはある程度の知識と技術が必要です。
必要な工具や部品などはホームセンターやネット通販などで手に入れることができますので心配はいりません。
型番を間違えないように注意することと、力まかせに行って他の箇所を壊してしまわないように、慎重に進めて行くことが大切です。
修理の前には止水栓を閉めることを忘れないようにしましょう。

トイレ本体から水漏れしている際の修理方法

トイレ本体から水漏れしている際の修理方法 万が一トイレから水漏れしている場合には、場所により修理方法が異なります。
まずはトイレのどこから水が漏れているのかを確認することが求められます。
その中で本体から水が漏れている場合には、ヒビが入っていて漏れ出していたり、排水ソケットの継ぎ目から漏れているかのどちらかと言えるでしょう。
もしも床の接地面が濡れていれば、本体に原因があると考えられます。
本体からの場合には排水ソケットを交換しなければなりません。
もしもヒビがあるのがわかったら、応急処置として防水テープを貼り付けることもできますが、根本的な解決には至りません。
また便器から漏れ出していたとしても、原因がタンクにあることも多く見られます。
便器自体の修理は時間も交通もかかってしまうので、ソケットを交換する前に、解消法を試してみるのが良いでしょう。
水漏れが給水管を伝え確認できるのであれば、タンクとの接続部分のパッキンの劣化が考えられます。
止水栓を閉めたらタンクと給水管の連結を外します。
連結部分にはパッキンがあるので、これを新しいものと交換しましょう。
元に戻すことで解消される可能性も高まります。
とはいえこのような方法は素人ではなかなか難しいということも多いので、自分では自信がないという場合には、業者に依頼する方法が一番と言えるでしょう。

トイレのつまり専門サイト

トイレ つまり 宗像市

新着情報

◎2021/11/30

サイトを公開しました